FC2ブログ
 

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

『Hvala,baba Ⅲ』

『Hvala,baba Ⅲ』

Hvala,baba
【Ⅲ】




 ペトラの飛び出して行った方向を、ナダはしばらく見詰めていましたが、追いかけることはしませんでした。
 背後を振り返り、エマを覗き込みます。

「……あら? これは何かしら?」

 ナダはエマの抱えている絵本に目を留めました。
 少し首を傾げて、表紙の文字を追います。


『妖精のくに』


 ナダは辺りを気にするように視線を動かしていたかと思うと、誰にも気付かれないようにそっと絵本を手に取りました。
 そのまま、誰もいない部屋に腰を下ろし、絵本を読み始めました。

「 “ 『妖精のくに』 ” ……」


 フェアリーランドを知っていますか?
 そこは妖精たちが楽しく、仲良く、暮らす場所です。
 …………



***



 ペトラは、庭をあちこち回っては、草や花、木や虫に、こう言い続けます。


Hvala! ――Hvala!


 無我夢中でした。
 Hvala、Hvala、と口にするたび、エマおばあさんの顔が浮かびます。
 とても幸せそうに笑っていた顔が、鮮やかに蘇ります。
 ペトラはエマおばあさんのことを、本当の祖母のように、愛していました。

 家のすぐそばにある崖から絵の具を溶かしたような碧い海を眺め、ペトラはまた、呟きます。


Hvala! ……



***



 ナダは次々とページをめくり、絵本を読み進めます。


 …………
 あなたがもしも、妖精たちに会いたいと願うなら、海や、風や、花々、
 そしてすべてのものへ、感謝を込めてこの言葉を伝えましょう。

 “Hvala(ありがとう)!” と。


「これは……」

 不思議な思いで呟いた、その時。
 絵本の隙間から、何やら白い紙がすべり落ちました。
 二つに折りたたまれたそれを手に取り、開いてみると、そこには少し震えたような文字が並んでいました。

「手紙……? 『Draga Petra,』 親愛なるペトラ……」


 親愛なるペトラへ

 この手紙を読んでいるということは、私はもう天に召されているのでしょう。
 あなたと出会ったのはこの病院でしたね。
 毎週欠かさず来てくれるあなたは、私の天使でした。
 孫が出来たようで本当にうれしかった。

 私には、愛する息子が二人います。
 いつかあの家に帰ってくるのではないかと、あそこを離れられずにいたのです。
 入院をしてからは、家を留守にすることが悲しくて悲しくて、毎日泣いてばかりいました。

 私の願いは、もう一度息子二人と再会すること。
 それが叶わなくなると思うと心は暗く沈んでいきました。

 けれどあなたに出会って、私は笑顔を取り戻しました。
  『妖精のくに』 の絵本が大好きでしたね、ペトラ。
 実は私も大好きなのですよ。
 絵本のまねをして、たくさん 「Hvala!」 と言ってくれる、あなたの純粋な心が、どんなお薬よりもよく効いたわ。

 振り返れば、決して良い人生だったとはいえないかもしれません。
 でも、人生の最後の最後に、神様はペトラという奇跡を私に与えて下さいました。
 だから、私は、こんなにも幸せな気持ちで、今という時間を過ごせているのです。
 今度は私から、心を込めて、言います。

 Hvala! ペトラ!

 エマより


「っ…………」

 最後の文字を読み終えて、ナダは思わずしゃくりあげました。
 頬を伝って零れた涙が、手紙のインクを滲ませます。

「なんてこと……。ああ、ぺトラ、だからあなたは……」

 ペトラがなぜ、突然 「Hvala」 と言ったのかとても不思議でしたが、きっとエマに向けて言ったのだろうと思いました。
 止まらない涙を両手で拭い、大きく息を吐き出したところへ、

「ナダ? ここにいたのか。 ……泣いてるのか?」
「あなた……っ!」

 夫が姿を現しました。
 ナダの目にまた涙が溢れてきます。
 ナダは手紙を差し出しました。

「あの絵本の中に挟んであったの。彼女がペトラに書いたものよ」
「ペトラに?」

 訝しそうに眉を寄せて手紙を受け取ると、内容を読み始めました。
 そして顔はみるみるうちに青褪めていったのです。

「…………っ!」
「あなた……」

 二人はお互いを抱きしめ合い、支え合います。
 エマの手紙は、夫の手の中で、固く握り締められていました。



→ Ⅱ
→ Ⅳ
関連記事
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。